CG  VFX  Video  各種映像制作

近藤 勇一  KONDO Yuichi

Profile

HERNO【ヘルノ】M-65ブルゾン FI0041U 12007 8300 ナイロン グレージュ:CINQUE CLASSICO - db55d

2019-11-17
カテゴリトップ>コート・ブルゾン>HERNO
HERNO【ヘルノ】M-65ブルゾン FI0041U 12007 8300 ナイロン グレージュ
HERNO【ヘルノ】

HERNO【ヘルノ】

1948年にジュゼッペ・マレンツィがLesaにて創業の”HERNO【ヘルノ】”。クラシコイタリア協会発足時から加盟しており、コートの名手としてその名は世界中に知られています。近年ではクラシックな技術の中に、モダンさを感じるコレクションへとさらに進化しています。

商品紹介

HERNO【ヘルノ】

HERNO【ヘルノ】社の会長、ジョゼッペ・マレンツィ卿は、一流のスポーツマンが持つフェアープレー精神とトップクラスの経営者として事業を成功に導くイニシアティブに恵まれ、1949年25歳の時HERNO社をLesaのErno平原に設立し、ここからHERNO【ヘルノ】の名は光のように輝く間にヨーロッパやアメリカ、また日本などの主要都市に広がっていった。
今では、洗練された職人が作る服の発祥地として有名なLesaは、小さな湾を見渡せるマッジョーレ湖沿いにある村である。
HERNO(ヘルノ)は、Dressing Well(着こなしの上手さ)に代表されるイタリアンスタイルの真髄を表した品位とエレガンスのある製品としてここから更なる世界へ広がっていった。

 ジョゼッペ・マレンツィは、20年もの間この地で指導的立場にあり、ヴィンテージカーのコレクションとともにLesaに所縁の深いイタリアの偉大な作家マンテォーニの貴重な博物館を造った。
その文学に寄せる豊かな才能、スポーツマンとして垣根を設けないスポーツへの取り組み、また持てる全ての能力を仕事に費やしてきた彼の恵まれたキャリアは2つの道を辿った。

日本におけるHERNO【ヘルノ】は、1968年から1998年の30年間にも及ぶジョゼッペ・マレンツィ氏と奥田清治氏との2人の男の友情によって築かれ、大きく異なった文化を持ちながら、しかし共通の関心でつながった2人の信頼関係より、早くから日本のマーケットに最高の商品、ビキューナ、カシミア、毛皮やクラシックなレインコートを紹介している。
その優れた品質や、Dressing Well(着こなしの上手さ)のスタイルは要求の高い日本の顧客に高い評価を得てきた。
HERNO【ヘルノ】の製品の70%以上は、海外向けであり、これは常に旅行に適した製品を作るというHERNO【ヘルノ】の経営哲学に基づいたものである。
最初の半世紀を颯爽と歩いてきたHERNO【ヘルノ】は、自信を持って来るべき未来を見据え、これから訪れる数年間が今までと変わらない価値観で過ぎていくことへのチャレンジと同時に期待を寄せている。
それは、伝統を好み、美しい着こなしを楽しみ、また上質な生地がもたらすシンプルで静かな喜びを得る事に他ならない。
世界を席捲するミラノにあるHERNO【ヘルノ】のショールームでは、コレクションの持つ想像性は十分に発揮され、最高のクオリティーを際立たせている。1940年代初期を彷彿させる建物を復活させたショールームの部屋はどれも魅力に溢れ、ダイナミズムと静けさの両方が見事に調和したコレクションを提案しています。

今回ご紹介しますブルゾンはM-65タイプブルゾン。
ミリタリー出身アイテムを現代的かつ都会的にアップデートされたHERNO【ヘルノ】らしいモデルです。

持ち運びもしやすい軽量ですので、幅広いシーンに対応してくれる、一枚は押さえておきたい万能なアイテムです。

是非、お早目にご検討くださいませ。

この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、ご注文の商品が、既にお品切れのこともございます。その場合、必ず連絡を致しますが、万が一、再入荷の予定がない場合は、キャンセルさせて頂く場合もございますので予めご了承くださいませ。
表示4244464850
目安サイズXSSMLLL
肩幅(cm)4041.542.543.544.5
袖丈(cm)6364656667
着丈(cm)6869.5707171.5
バスト(cm)98101105108111
素材ナイロン57%
ポリエステル43%
仕様フロントポケット4つ
フロント:ジップ&スナップ釦留め
エポーレット
注意*画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。
*サイズや加工には個体差がございます。予めご了承くださいませ。
HERNO【ヘルノ】

ショートフィルム

『ネコヤドのハルとアキ』

監督・脚本・撮影・編集・VFX

© KONDO Yuichi